事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2013年6月30日 日曜日

石灰沈着性腱板炎

40代女性、テニスをした次の日の朝から急に肩が痛くなって動かせないという理由で来院。

ラケットを持つ方の右肩かなと思ったのですが逆の左肩...。

問診をとってみると、その女性は普段バックハンドを片手でうつのですが、痛くなる前日の練習はバックハンドを両手でうつ練習をしたとのこと。

触診では
・圧痛(押した時の痛み)
・熱感(熱っぽさ)
・腫脹(はれ)
・運動痛(動かした時の痛み)
がありました。

いろいろ触ったり動かしてみると腱板に何かしら問題があるような感じでした。

腱板損傷や石灰沈着性腱板炎などを疑いながら圧痛部位をエコーでとってみると...

と、その前によく腱板、石灰って聞くけど何?という方に簡単な説明をしますね。

・腱板とは?
棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)の4つからなる腱で、上腕骨頭(肩の骨)をかかえ込んで肩関節を安定させるはたらきがあります。
ここを痛めると、いわゆる腱板損傷になります。

・石灰沈着性腱板炎とは?
40~50歳代の女性に多くみられ、肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる肩の痛みです。
夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多いです。痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなります。
この石灰は、当初は軟らかいのですが、時がたつにつれ硬く変化していきます。石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきます。

では本題に戻ります、エコーでとるとこのようにうつります。





圧痛部位に石灰が写っています、それも両側に。

エコーは音のはね返りを利用して硬い組織、軟らかい組織を判別して画像にします。
硬い組織ほど白くうつり、また硬い組織ほど超音波ビームを通さないため、それよりも下の組織はうつりません。

もう一度エコー画像を見てみると、



石灰よりも下の組織、すなわち上腕骨のラインが途切れてるのがわかります。

正常な肩ではこのようにうつります。



棘上筋に中に白い塊もなく、上腕骨のラインがキレイにうつっていますね。

エコーではこのようにして石灰沈着性腱板炎と判断することができます。

今回この女性のケースは石灰が既に硬化していたため、最近できた石灰の痛みというよりもともとあった石灰が激しく行った運動によって筋肉内でこすれあい炎症が起きたという感じでした。

処置としては
・アイシング
・微弱電流治療器
・テーピング
を施しました。

急性期(痛みがでて2、3日の間)は動かせば動かすほど痛みがでて悪化してしまうので安静が一番なのですが、何もしないより炎症をはやく抑えるための治療を施した方が治りは早いです。

もし肩に痛みがでてきたら、早めにエコーで肩の中を観察し、ひどくなる前に治しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL

2013年6月30日 日曜日

エコー検査での画像の見え方!! 安城市 くりの木 接骨院

エコー(超音波)

 超音波とは、人の耳には聞こえない高い音です。

エコー画像とは??

プローブ(手元で操作をする機械)から超音波が出ます。これが、体の中へまっすぐ入っていき、骨や筋肉に当たり反射して、その反射波(エコー)を受信し、画像化して診断するのがエコー画像(超音波検査)と言います。


☆今回は、大腿部(太もも)から脛骨粗面(膝の少し下)までをエコー画像で見ていきます。

まずは、ももから膝下までは、骨と筋肉の位置がこんな形にあります。


image1

 
これをエコー画像で見ると。






image1

 

・エコー画像では、骨のような固い物に対し、超音波のはね返りが大きく、骨のラインが白く濃い線状に映されます。(骨より下は、超音波が入っていかないので、黒く画像で見えます。)
筋肉では、超音波のはね返りが少ないので、薄く白いスジ状の画像が映ります。


エコー画像では、体の中の組織(筋肉)を見ることができます。
☆レントゲンでは、筋肉を見ることはできません)
なので、筋肉の損傷部(肉離れ)も見ることができます。

あと、その場で画像を見ながら状態の判断ができ、静止画像だけでなく、関節を動かし筋肉や靭帯の動きも見ることができます。

大腿四頭筋(ふとももの前面)





image1

 


エコー検査(超音波検査)では、骨や筋肉(組織)の状態を細かく確認する事ができます。
これによって、損傷部に対して治療の判断がしやすくなり、早期の回復につながっていきます。
(・ω・)ノ


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL

2013年6月29日 土曜日

肩関節脱臼時における上腕骨骨頭後方の軟骨損傷(ヒル・サックス病変)

今回は肩関節の脱臼時に合併した上腕骨骨頭の後方の軟骨損傷(凹み)

通称『ヒル・サックス病変』のエコー画像です。

エコー画像の方・・・30代男性

負傷原因・・・転倒して肩の後方を地面で打ち付けて脱臼する。

脱臼の種類・・・前方への脱臼

予後・・・ヒル・サックス病変があるので、腕を外まわりにねじる動きで(外旋位)
     腕の骨(上腕骨)の受け皿、肩甲骨の関節に対して、軟骨損傷している部位で
     不安定が生じ、再脱臼しやすい傾向になる。



下の写真は肩関節の脱臼時に合併した、
上腕骨頭、後方の軟骨損傷のエコー画像です。
真ん中の凹んだ白い矢印の所が軟骨損傷している部位です。
本来正常であれば、凹みはなく一つの丸いラインとして映ります。



もう一度線を引いての詳細です。
青が正常な関節のラインです。
赤が今回の脱臼で凹んだ上腕骨頭のラインです




次は実際撮っている場所です。このあたりに画像を読み取るプローグを当てます。


次は骨の画像イメージです。撮っている肩の後ろの皮フの中はこうなっています。


次は単独の上腕の骨です。この場所で損傷が起きています。
正常関節は綺麗な真ん丸です。(画像は左右反対ですが・・・)



メカニズムは次のとうりです。


もう一度最初に見たエコー画像を見ます。
青が正常な関節のラインです。
赤が今回の脱臼で肩甲骨と衝突し凹んだ上腕骨頭のラインです。




この様に脱臼だけの情報から、エコーにより実際に皮膚の中で何が起きているのかを
客観的に観察でき、上腕骨の軟骨損傷の合併までを把握することが出来ました。
そして患者さんに『ヒル・サックス病変』があるとどんなリスクがあるかを
エコー画像を通してしっかり状態を説明でき、今後の施術(リハビリ)の大切さと、
リハビリへのモチベーションの維持の参考にすることが出来ました。

当院ではエコーを使いケガの客観的な観察をし、わかりやすく説明しています。
最近では、野球をやっている小学生や中学生が、そんなに症状が出てなくても
見て欲しいと来ることがあります。場合によってはすぐ投球を制限しないといけない
場合もあり、状況によっては、速やかに整形外科に紹介する場合もあります。
何でも早め早めが大事ですので、おかしいと思ったら我慢しないでくださいね。
保護者の方やコーチの方も、投球など観察して変化したら気づいて下さいね。
本人が運動したくて我慢している場合がありますので・・・・・・・・・

エコーの得意分野は、足の捻挫、野球肘・野球肩・肉離れ・ヒザに水が溜まった状態
、ヒザ・かかとなどの成長障害、肋骨骨折、レントゲンでわかりにくかった局所的な
部位などです。


逆にエコーでもわかりにくい症状もありますので、その時は整形外科に画像等
撮られる事をおすすめしますので安心して下さいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL