事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2013年4月 1日 月曜日

安城,接骨院,疲労骨折,バスケット

中学生のバスケットをやっている女の子が2週間前から足の甲が痛いと言って来院。
特に捻った記憶などはありませんでした。

症状は荷重時痛、中指の骨の上に限局的圧痛、介達痛、振動痛あり。

この段階でおおよそ疲労骨折の疑いがあったため、エコーで観察してみました。

しかし特に骨表面などに異常はみつからなかりませんでした。

1週間後、まだ痛みがとれないという事なのでもう一度エコーで観察してみると、骨の表面に骨折線が見つかりました。

1W後のエコー画像

2W後のエコー画像

3W後のエコー画像

このように初見時では見つからなかものが、のちに骨折してきるというケースが疲労骨折ではあります。

なのでしっかりと経過観察と、早めの治療をした方がよいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL