事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2012年10月31日 水曜日

安城,接骨院,中学生膝(ヒザ)のはく離(り)骨折

 今回の症例は、ヒザの少し下にある所の痛みが
ジャンプで痛めてから1週間経過いたけど、全然
とれないと接骨院に来院




痛みが強かった為、負傷してすぐに整形外科にて
受診されてから来ました。レントゲンでは骨折等の
症状は映らなくて、腱(けん)の損傷との診断

だったそうです。

痛みが一ヶ所に限局してあり、屈伸は出来ず
正座もできない状態でした。


 整形外科で骨に異常は無いとの診断でしたが、
スポーツ傷害に関しては、レントゲンでは映らない
事がエコーでは映る事があるので、必ずエコー
画像を撮るようにしています




今回は骨の大きな骨折ではなくて、もしかしたら
骨の表面のはく離骨折
あるかもしれない疑いと、
思った以上の大きな腱の損傷があったかもしれ
ないので、上の画像のように、そこをチェックポイント
にして一ヶ所の痛い所を画像で評価しました。




少しわかりにくいですが、白い横のラインが骨です。
赤い矢印←の所が一部がはがれているのが見え
骨の一部がはく離骨折を起こしていて、その周りは
少し黒くぼやけています。
これは、はがれた骨の周りが炎症を起こして
腫(は)れている状態を表しています。



一応この評価を確実にする為に左右で比べ
良い方にはこの状態がないのを確認し、かつ
見える方向も上のように機械(プローグ)を縦
から横に変えてもう一度評価しました。




骨でイメージするとこの様に見ています。



横にしてエコーで見ても骨の白いラインから一部分
浮いている白いカタマリが確認できます。
横で見ても、はく離骨折しているのがわかります。




メカニズムとしては絵のようになります。
この為、しばらくはスポーツの禁止と、屈伸の制限
を特に注意してもらいました。




上の写真は、はく離骨折したところが、引っ張られると
骨がくっつこうとしている所を、裂けさてしまう力が働く

ので、サポーターをする事ににより、屈伸をしっかり
制限するという事を意識してもらう目的と、少しでも
患部の引っ張られる力が軽減されるのを目的
にして
もらい、あとは組織修復を促す機械・微弱電流して、
(アキュースコープ)通院してもらい、経過観察しながら
運動管理をしました。ジョギングまでには4週間かかり
ました。ダッシュまで出来るのに約6週間かかりましたが
しっかり完治し接骨院を卒業されました。

今回はエコーにより腱だけではなく、骨にも損傷を
受けていたので、ある程度の治癒期間を本人・親に
画像の評価を通して説明でき、痛みの程度の変化
治癒までの過程を納得された上で治療が行え
ました。


エコーはレントゲンでわかりにくい筋肉・軟骨・
お水(良く膝に溜まる関節液)・細かな骨の損傷
・小・中学生の野球肘などが解りやすいです。
もし心配なお子さん、保護者の方がいましたら
お気軽に相談してくださいね。   (・・)/ 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL