事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2017年5月22日 月曜日

膝の痛みならくりの木接骨院へ

【症例】
中学2年生 14歳
バレーボール部所属

【発生機序】
来院2週間前に、ジャンプ着地時に膝が伸びた状態で着地し負傷
最初は膝下の違和感だけであったが、徐々に痛みが強くなりプレーに支障が出るようになったため来院

【臨床所見】
歩行可能、運動時痛(+)、膝蓋腱膝蓋骨付着部で圧痛(+)


検査した結果、半月板や前・後十字靭帯等関節内には異常なく、膝蓋骨(お皿)の下の膝蓋腱付着部で圧痛がありました。
膝を横から見た写真です。




エコーで患部を見てみると、



患側の膝蓋腱が腫れているのがわかります。

1週間運動禁止、サポーターをつけて安静にしてもらった結果、




患側の膝蓋腱の腫れがひいているのがわかります。
現在はケアしながら運動にフルで参加しています。

だんだん新入生の子たちや、最後の大会が近い子たちが無理をしてケガが多くなってくる時期になってきました。
ケガに気を付けて運動に励んでください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL

2017年5月10日 水曜日

肩の痛みならくりの木接骨院へ

<症例>
60代女性
踊りで手を挙げた際、右肩に痛みがあり初めは痛みが少なかったが日に日に痛みが増強
痛みで肩が最後まで上げられなくなったため来院

<臨床所見>
ペインクルアーク60~120度(+)、大結節部圧痛(+)
エコー:棘上筋扁平化、肩関節変形

<エコー画像>



痛くない肩(健側)になります。
健側の肩は黄色の線が引いてあるように棘上筋のアーチがきれいにあり、赤い丸で囲ってある筋肉の付着部の骨の変形がありません。




痛みがある方の肩(患側)
患側の肩は黄色の線、棘上筋のアーチがなく平たくなっており、赤い丸で囲ってある筋肉の付着部は尖った様に変形しています。

<結果>
腱板損傷

<考察>
踊りの発表会が近いため安静にすることが難しく、痛みの出ない範囲で練習を行いました。
負担の少ない腕の上げ方指導と前腕などの筋膜リリースにて痛みは減少していきました。


腱板損傷は、肩を打ったり、転んで手をついたり、投球や中高年層の肩の使いすぎなど誰にでも起こる可能性があるケガです。
強い痛みが出たり、損傷の程度がひどいと断裂してしまうこともあり、治るまでに時間がかかります。
肩に痛みがある方は早めに相談したほうが良いかもしれませんね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL

2016年11月29日 火曜日

『足の痛み』、蜂窩織炎ならくりの木接骨院

おはようございます。
交通事故・むち打ちの専門治療・
スポーツによるケガ・足の痛み・捻挫・腰痛・エコー観察に力を入れている
JR安城駅より車で5分。秋葉公園すぐそばの
安城市安城町の
くりの木接骨院 安城院

JR岡崎駅より車で幸田方面に5分。
フィールさんを北に100m。
岡崎市福岡町の
くりの木接骨院 岡崎院です。




【症例】
60代性。
朝起きた際、右側の足関節外果部に痛みが出ました。
特に捻ったなどの、覚えはなく原因不明。



【臨床所見】
圧痛:足関節外果~足背、荷重時痛(+)、腫脹(+)、発赤(+)、熱間(+)
エコー:足関節外果~足背にかけて炎症反応あり


【エコー画像】

 

 
【結果】
整形外科に対診依頼したところ蜂窩織炎という回答が得られました。


【考察】
原因不明で発赤、腫脹、疼痛、エコー(D-MODE)で炎症反応があった為、細菌感染を疑い対診を依頼しました。
点滴、投薬にて治療を行い、数日で疼痛消失しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL

2016年11月22日 火曜日

『肉離れ2』ケガのことならくりの木接骨院へ

おはようございます。
交通事故・むち打ちの専門治療・
スポーツによるケガ・捻挫・腰痛・エコー観察に力を入れている
JR安城駅より車で5分。秋葉公園すぐそばの
安城市安城町の
くりの木接骨院 安城院

JR岡崎駅より車で幸田方面に5分。
フィールさんを北に100m。
岡崎市福岡町の
くりの木接骨院 岡崎院です。




【症例】
30代男性。
バスケの試合中、踏み込んだ瞬間に急に痛みが出ました。
その後数日経って来院しました。


【臨床所見】
圧痛:腓腹筋内側、荷重時痛(+)、腫脹(-)、血腫(-)、ストレッチ痛(+)、ストレス痛(+)

【エコー画像】

 



【結果】
腓腹筋内側肉離れ

【考察】
筋内に水腫が溜まっていたため、パットラバーと弾性包帯で圧迫をかけ固定。
4週間後に痛みが消失。
線維化が起こりその後2週間は違和感が続き、全6週で運動復帰しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL

2016年11月18日 金曜日

『肉離れ』スポーツのケガの事ならくりの木接骨院へ

おはようございます。
交通事故・むち打ちの専門治療・
スポーツによるケガ・捻挫・腰痛・エコー観察に力を入れている
JR安城駅より車で5分。秋葉公園すぐそばの
安城市安城町の
くりの木接骨院 安城院

JR岡崎駅より車で幸田方面に5分。
フィールさんを北に100m。
岡崎市福岡町の
くりの木接骨院 岡崎院です。




【症例】
30代男性。
フットサルをやっていた際に、急にふくらはぎが痛みが出だし来院。


【臨床所見】
圧痛:腓腹筋内側、荷重時痛(+)、腫脹(+)、血腫(-)


【エコー画像】

 




【結果】
腓腹筋内側肉離れ

【固定】
腓腹筋内側上部~筋腱移行部にかけてパットラバーをあて、弾性包帯で圧迫を施しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院 | 記事URL