事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2013年10月31日 木曜日

舟状骨骨挫傷,安城,岡崎,くりの木接骨院

おはようございます。
交通事故・むち打ちの専門治療・
スポーツ障害・エコー観察に力を入れている
JR安城駅より車で5分。秋葉公園すぐそばの
安城市安城町の
くりの木接骨院 安城院

JR岡崎駅より車で幸田方面に5分。
フィールさんを北に100m。
岡崎市福岡町の
くりの木接骨院 岡崎院です。


40代女性
後ろに転倒して手をついた際に手首を傷める。
約2週間後、痛みがなかなか引かないということで当院へ来院。

症状としては、
・手をつくと痛みが走る
・わずかな圧痛(押したときの痛み)
でした。

患部に熱っぽさや、はれ等はなく、手首を動かしても痛みはありませんでした。

転倒した、手をつくと痛みが出る、この症状があるときに疑うのが舟状骨骨折。なのですが...

その前に舟状骨とは?

赤枠で囲んだ部分になります。

舟状骨骨折の症状
・スナッフボックスに圧痛や痛み、はれがある。
・手首を甲側、親指側に曲げると痛い。
・握手や腕立て伏せをすると痛い。
等があります。

ちなみにスナッフボックスとは、

親指を広げたときに親指の付け根にできる窪み(赤丸)です。

今回来院された患者さんは上記の舟状骨骨折の症状は乏しかったのですが、念のためエコーで確認したところ、

このように骨不整が見られました。
整形外科さんに送ったところ、MRIにより舟状骨骨折ではなかったですが骨挫傷(骨に傷がつくこと)と診断されました。

微細な損傷の場合レントゲンではわからず捻挫と誤診されることがあります。
手首に限らず捻挫してからなかなか痛みが引かないという方、一度エコーをとってみると何かわかるかもしれません。
早期発見・早期治療が回復への近道です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院