事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2013年7月31日 水曜日

骨化性筋炎 打撲 エコー くりの木接骨院

おはようございます。
交通事故、むち打ちの専門治療、
スポーツ傷害,エコー観察に力を入れている
安城市安城町のくりの木接骨院 安城院
岡崎市福岡町のくりの木接骨院 岡崎院です。



今回は骨化性筋炎についてご紹介します。

最近、小学生・中学生・高校生の部活やクラブの大会が多いせいか、ケガも多くなってきています。

その中で最近よく見かけるのが、他のプレイヤーとの接触による大腿部(もも)の打撲(「ももかん」、「チャーリーホース」とも呼ばれます)です。

単なる打撲だからそのうち治るだろうと判断し、適切な処置をせずに運動を続けると重症化する恐れがあります。

それが骨化性筋炎です。

骨化性筋炎(こつかせいきんえん)とは、筋肉の中に骨様組織を形成してしまう障害です。
この骨化性筋炎は筋肉の打撲や肉ばなれなどの損傷により出血して血腫(血が溜まった状態)を形成したときに、その血腫内に骨を形成する細胞などが侵入した場合に起こるとされています。
比較的骨に近い部分の筋損傷で起こりやすく、サッカーやバスケットボール、空手など、コンタクトスポーツ(他プレイヤーと接触するスポーツ)に多いです。

症状としては、
患部の熱感(熱っぽさ)、腫脹(はれ)、膝が曲げられない、運動時の痛みなど、症状が悪化すると安静時の痛みもでてきます。

ではエコーで見るとどうなっているのか?

この患者さんは部活動中に相手プレイヤーの膝が大腿部(もも)に入り負傷し受傷2日後に来院、その時のエコー画像です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


健側と比べてみると、深部(骨に近い方)の筋肉がかなり腫れており、白っぽく見えるのがわかります。
これは打撲によって自分の大腿骨(ももの骨)と相手の膝で大腿部の筋肉が押しつぶされ損傷し、中で出血していることを示します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


そしてこれが受傷12日後のエコー画像です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


患側の丸で囲んだところに白くモヤモヤした部分がありますね?
これは筋肉内に溜まった血が骨を形成しようとしている段階です。
こうなると運動は禁止となり絶対安静となります。
これを放置すると症状の悪化とともに骨化が進んでしまい、関節運動が困難となります。

的確な判断を怠るとスポーツ活動の長期制限を余儀なくされ、日常生活動作にも支障をきたすことになり、手術選択の場合もあります。
安易に打撲と軽視せず、適切な処置、適切な治療が大事です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院