事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2013年7月31日 水曜日

野球,突き指,骨折は安城、岡崎のくりの木接骨院へ

おはようございます。
交通事故、むち打ちの専門治療、
スポーツ傷害,エコー観察に力を入れている
安城市安城町のくりの木接骨院 安城院
岡崎市福岡町のくりの木接骨院 岡崎院です。


<症例>
26歳男性。
草野球の試合中、バットを振り空振り後に中指を負傷。

<初検>
DIP外側に圧痛、皮下出血(+)、腫脹(+)、屈曲不能、内反ストレス(+)

<エコー検査>

バットを振った後に、バットのグリップが中指外側に過度の内反ストレスを加え受傷したものと考える。

<検査結果>
中節骨の外側側副靭帯付着部の裂離骨折をしていることがわかりました。

*このような指の骨折では、骨片がとても小さいため、レントゲンでは撮り方次第で写らない事があります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院