事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

驚きの早期改善報告

2012年12月29日 土曜日

☆指の捻挫☆,安城市,くりの木接骨院

指の捻挫

たかが捻挫。されど捻挫。

捻挫:関節部が何らかの強い力によって、可動域を超えてしまって起こる症状を言います。

捻挫によって骨自体に損傷がなくても、関節部の周囲組織の損傷は必ず起こっています。

その時に、関節周囲に炎症が発生して痛みが強くなってきます。

損傷から2~3日は急性期(炎症期)にあたり、軽度な損傷であっても痛みは出現します。


急性期にはまず、炎症を押さえるため冷やします。
後は固定(関節への負荷がかからないようにするため)をして痛みが出ないようにします。

固定となると、すごく大げさなイメージになってしまうんですが、軽度な損傷であっても固定をする事によって、症状の改善は早くなります。

〈  アルミシーネを使った固定  〉
image1image2

 
( 人差し指の捻挫 )

・人差し指を支えるために中指と一緒に、アルミシーネをつけます。

・包帯で手全体を巻きます。


image1

 

※回復期( 症状の改善 ) の固定
簡易サポーターによる固定



image1image2

 

(・ω・)ノ各関節の捻挫も早い処置が必要になります!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院