事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

ここまで分かる!エコー 診断

2012年12月18日 火曜日

かかとの痛み,小学生,安城,接骨院,交通事故治療

良く成長期の痛みの出る場所としては、

①ヒザのすぐ下の痛み(オスグット病)

②かかとの痛み(セーバー病)

を訴える子供(小学生高学年~中学生)がいます。

今回は小学生高学年でかかとの痛みです。

冬の朝マラソンが学校で始まり

体の成長する時期に加えて、この寒い時期に運動量が増して症状が現れました。

エコーにより痛みの出ている『かかと』の骨を映した時の画像を紹介します。

下の写真の様に撮りました。



模型だと下の様になります。





今度は骨だけの模型にすると下の様になります。





実際にエコーで映った画像です。





かかとの骨のラインをヒフの上から映した所です。

赤い↑の所がラインが凹んでいます

そして周りが黒いです。炎症反応が出ています。

でも子供の骨は成長する所(骨端線・・こったんせん)と言って、

このようなラインの凹み(乱れ)は良くあることなので、

この状態がおかしいと肯定するには左右両方見ないと

断定しにくいので、左右差を見比べしました




真ん中の線を境に、

左の矢印↑が痛みを訴えている痛めた方

右の矢印↑が健康なかかとの骨です。

見ても違いが判りますよね。

骨のラインが一部凹んでいます。

メカニズムは下の絵になります。



アキレス腱(ふくらはぎの筋肉がかかとの骨につながる細くなったスジ)

のけん引(過度な運動負荷)による、まだ未熟(成長期)かかとの骨

の損傷(骨の表面のはがれ・裂け)です。


この状態が繰り返されると、エコーではさらにひどい凸凹(デコボコ)

に映ります。


今の状態は痛みの為走れないので、運動を制限してもらっています。

痛みは数ヵ月続く事も考えられますので、親にもエコーの画像を見て今後の

おおよその経過を説明させてもらって、納得してもらいました。




エコーではレントゲンで映りにくい筋肉・軟骨・お水(ヒザに溜まる)・野球肘

・成長痛などの画像が詳細に解る事があります。

もし心配な方・保護者の方・少年野球のコーチの方相談してきて下さいね。


当院は接骨院の為、当院の範囲を超える症状の方はフォローして頂ける

整形外科に紹介しますので安心して下さいね(^_^)/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院