事故に遭ったらどうしたら良いの?
気になる治療費・慰謝料
くりの木接骨院が選ばれる訳 詳細はこちら

驚きの早期改善報告

2012年7月30日 月曜日

安城,接骨院,交通事故で骨折,固定除去後のリハビリ

交通事故により鎖骨骨折


中年男性 整形外科で固定、リハビリを半年行う。

更に機能の回復を望んで当接骨院に転院。

転院当初肩を前から自分でバンザイで約90度、横からバンザイで約90度

しか上がりませんでした。

特に病院では電気治療が中心だったそうなので、

接骨院では肩の動きをスムーズになるように

電気治療に加え、肩(肩甲骨)の周囲の筋肉の

緊張を緩めるために、マッサージを行いました。

それだけでは関節の動きは改善しないので、

肩甲骨と肩自体の動きの獲得の為に

痛みの出始めるギリギリのところまで動かせるように

関節運動を繰り返し行いました。

通院して、現在約3ケ月経過しましたが、

肩を前から自分でバンザイで約130度、横からバンザイで約130度

まで改善しました。



リハビリでは目に見えて改善と言うよりは、コツコツやり続ける事により、

少しずつ少しずつ改善し、日常生活動作が行いやすくなっていきます。


今回、事故後半年からと、リハビリの開始時期には遅いとは思いましたが、

関節自体の動き、関節周囲の動き、肩甲骨の動き、鎖骨の付け根、など

アプローチすることで可動域は改善していきました。

後は筋力、筋肉のボリュームが痛めてない方に比べて、劣っているので

今の動きに加えて、筋力アップを続けていきたいです。


 患者さんに良くなってもらうには、その時の治療だけでなく、

通院をマメにしてもらったり、家でのリハビリを頑張ってもらったり

治療のゴール地点を共有し、現状をしっかり評価し、

説明し納得してもらいながら、モチベーションを維持してもらう

ことが大事だと思いました。







このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 くりの木接骨院